暮らしのアイデア

日々の暮らしを心地よく。

フィルターとお手入れのデメリットを解決!ケメックスを日常に

※本ページは一部広告リンクを設置しています。

 先日、朝からコーヒドリッパーを割ってしまいました。それも出勤前の猛烈に忙しい時に。ガラスのドリッパー(ハリオ)は、パリッと一撃(涙)。すぐに同じものを買い直そうとしたのですが、カートに入れた後、決済ボタンを押すことにためらう自分がいて、ふと気づいたのです。私が本当に欲しかったのはケメックスだったことに。

 以前ケメックスを買わなかった理由は、高価な専用ペーパーフィルターと(あのフィルターだからこそ、さらに美しいのですけど)、木枠があって気軽に洗えないという手入れの問題でした。でもあの美しいデザインは、一度見たら忘れられないのですよね・・・。ガラス一体型のデザインはとてもシンプルで、木枠と革紐の異素材の組み合わせが絶妙で、使っていない時も飾っておきたいくらい!ケメックスをあきらめきれず、今回ドリッパーを買い直すにあたって、もう一度その問題点と向き合うことにしました。

 

ケメックスの歴史

 ケメックスは1941年、アメリカで誕生しました。ドイツ生まれの化学者、ピーター・シュラムボーム博士によって作られました。1日に6杯ものコーヒーを飲む博士が、「誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れられる器具を作る」ために、実験室にあったガラスの漏斗やフラスコを融合させて一体型のガラスとし、そこに木の持ち手を加えて開発したものです。機能だけでなく、シンプルで美しいフォルムのデザインと木のぬくもりは、MoMAの愛称で有名なニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクション(永久展示品)として認定されています。

ケメックスのサイズ展開と容量

 木枠のついたものは、機械製のクラシックシリーズと、職人がひとつひとつ手吹きガラスで仕上げるハンドブロウシリーズの2種類があります。それぞれ、クラシックシリーズは3種類(3カップ、6カップ、10カップ)、ハンドブロウシリーズも3種類(3カップ、5カップ、8カップ)のサイズ展開です。クラシックシリーズとハンドブロウシリーズでは、デザイン的にはガラスの色味や厚みが異なるのと、注ぎ口の形状が微妙に違うくらいですが、お値段の差は結構あります。

 また、木枠の無いタイプとしてガラスハンドルシリーズがあり、そちらも3カップ、6カップ、10カップの3種類のサイズ展開となっています。

 クラシックシリーズは3カップで実容量440ml、6カップで実容量880ml。ガラス下部の側面におへそのように玉状のでっぱりがあるのですが、これは抽出量の目安らしく、3カップで約370ml、6カップは約510mlです。カップ1杯120mlとすると、それぞれ、3杯分、4杯分の目安、という感じでしょうか。

 私はいつも一人分しかコーヒーを淹れないので、サイズは3カップで十分です。しかし、デザイン的に美しいと感じるのは6カップなんですよね。底の部分の丸みの形状や、木枠のバランス、革紐を結ぶ木の丸い玉は必須!とか思ってしまうと、私の場合は6カップ一択。来客時のことも考えると、大は小を兼ねる、で6カップにもう一票。

created by Rinker
CHEMIX
¥4,799 (2024/04/21 21:51:27時点 Amazon調べ-詳細)

6カップにぴったりサイズの代用ステンレスフィルター

 ケメックスの美しさと美味しさを引き立てるのが、あの専用ペーパーフィルターですが、一般的なフィルター価格の10倍はします。毎日使うから余計に悩むところです。

created by Rinker
Chemex
¥1,870 (2024/04/21 21:51:28時点 Amazon調べ-詳細)

 特に、私の場合は6カップ用で1人分を淹れようとしているので、大きなフィルターを使うことにとても抵抗がありました。そこで、エコな金属フィルターを探したところ、ちょうどいいサイズで、木枠と色も合うゴールドのステンレスフィルターを見つけたのです。

 実際に6カップ用のケメックスと合わせて使っていますが、上部の形状とも程よくフィット。ケメックスよりお値段は高いけど…専用ペーパーフィルター1年分よりは安いので、長い目でみたらいいかな、という判断です。専用ペーパーフィルターのコーヒーの味と比べられてはいませんが、以前よりも美味しいコーヒーを淹れることができています。

ケメックスの洗い方

 フィルターと合わせて、ケメックスを敬遠してしまう要因が、お手入れです。あの木枠を毎回外すの?と思うと、それはないな、と思ったりして。前回ケメックスをあきらめたのも、それがいちばんの理由です。

 でも、買った今、お手入れをどうしているかというと、普段はコーヒーを淹れた後に木枠もレザーもつけたまま、少量の洗剤を入れてお湯でさっとゆすいでいるだけです。週末にブラシで洗っています。また、コーヒーの色が気になる時は、重曹を使って落としています。時々(気持ちと時間に余裕がある時に)、革紐を解いて、木枠を外して洗っています。

 この木枠を外した時に、戻し方(革紐の結び方)が分からなくなってしまいがちなのですが、ホームページで分かりやすく教えてくれています。これなら安心。

 あまり身構えずに、気軽に使って大丈夫です!ドリッパーとサーバーが別々になっていない分、乾かすスペースを取らないのも利点でした。

 6カップのものはサイズも大きいので、夏などにはレモン水を入れてカラフェとしても役立ちそうです。

 素敵なコーヒータイムに寄り添ってくれるケメックス。気になるけどためらっている、という方にはぜひ使っていただきたいです。シンプルでありながらも温かみのあるデザインは、毎日コーヒーを淹れるひとときを豊かなものにしてくれます。ケメックスのあるキッチンの風景も、私は大好きです。お気に入りのものがそばにあるって、本当にそれだけで楽しくて幸せです!

関連記事