About

「クリスマス ファテット」
当時、3歳の長女が創作したクリスマスの物語の題名。

 
クリスマスイブの夜、女の子がたくさんのごちそうやおいしいケーキに囲まれながら、
きれいなアクセサリーやかわいい手袋、素敵な腕時計、etc…
サンタクロースからのプレゼントを夢見て、赤い靴下をベッドにかけて眠るお話。

 
選ぶときのワクワク、
お気に入りを見つけたときの、
手元に届くまでの、
開けた瞬間のワクワク!

 
クリスマスの朝、
靴下にいっぱいつまったプレゼントを見つけた女の子の嬉しそうな笑顔のように、
みなさんの毎日の暮らしの中に、たくさんの幸せをお届けできますように・・・

 

“Christmas Fatetto”.
This is the title of my first daughter’s original Christmas story.

At the Christmas night, a little girl will go to the bed and wish visiting Santa Claus.
She dreams happy dinner, favorite cakes, beautiful accessories, amazing watch…and hooks a sock beside her pillow.

Excitement of beautiful items,
Finding a your favorite,
Waiting the delivery,
Opening the package!

I would like to create that happiness for your life. Like a happy smile the little girl when the morning of Christmas.