湯布院・別府観光 【地獄めぐり】

まちの至るところから湯けむりがたなびく温泉の町、別府。温泉の総湧出量は全国1位なんですって。そして、地底から湧き出る熱湯、熱泥、噴気を「地獄」と呼ぶ、別府ならではの体験スポット、「地獄めぐり」は、別府インターから車で約5分、鉄輪(かんなわ)にあります。

 

地獄めぐりには、8箇所の「地獄」があり、
海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄の6箇所が比較的近くにまとまっています。それぞれに無料駐車場があるので、この地獄のどこかにとめてから歩いてまわれます。残り2箇所の、血の池地獄と龍巻地獄はそこから3km程離れているので、車で移動した方が賢明です。

 

私たちは帰りの飛行機の時間もあり、あまりゆっくりできなかったので、朝8時から約1時間、3箇所だけ見てまわりました。

 

海地獄

きれいなコバルトブルーの池?(摂氏98度もありますが・・・)と、大鬼蓮の浮く池があります。この巨大な浮葉、丸いお盆みたいな不思議な形で、20kg以下のこどもなら葉の上に乗れるというからビックリです。(夏には実際に乗れるそうです)

 

鬼石坊主地獄

灰色の熱泥がボコボコと吹き出しています。

 

鬼山地獄
温泉熱を利用してワニを飼育しています。パンフレットにあるような大きな口を開けたワニの大群を見られるかと思っていたけれど、実際は数頭ずつ檻が分けられていて、ジッとしているワニがほとんど・・・しかも水の色とワニが同化していてうまく写真撮れず、でした。

 

地獄1箇所の入場料金が大人400円・小学生200円、8箇所共通券が大人2100円・小学生900円。というわけで、6箇所以上寄るなら大人は共通券の方がお得なシステムです。近くにありながらそれぞれが全く異なった表情をみせる地獄、なかなか面白かったです。時間があればあともう数箇所、寄ってみたかったかな。