三鷹の森ジブリ美術館へ、ネコバスに乗りに行こう!

トトロが大好きなこどもたちと、三鷹の森ジブリ美術館へ行ってきました。JR三鷹駅南口から玉川上水沿いを井の頭公園に向かって歩いていくと約15分程で着きます。途中トトロの看板が道案内をしてくれるので、お天気がよければ駅から歩くのもおすすめです。

 

もちろん、バスでも行けます。ジブリデザインのバスも走っていますが、車内は普通の路線バスと同じです。

 

美術館に着くと、まずはお〜っきなトトロがお出迎え。

 

ここから本当の受付に向かうと、35mmフィルムを使った入場券をもらえます。どんな絵が出るかはお楽しみ。

 

建物の中は、大きな吹き抜け、螺旋階段や空中廊下などもあり、迷路のような空間です。絵が動く(映画になる)までの展示や、企画展示、図書閲覧室、小さな映画館など、盛り沢山。展示をよ〜く見ると、宮崎館主もこっそりいたりして面白いです。屋上庭園には5m近いロボット兵がいたり、中央のガゼボには手こぎポンプの井戸があったりと、屋外も楽しめます。

 

そして、お目当てのネコバス。
館内は写真撮影禁止なので画像はありませんが、実物よりちょっと小さめだけれど中がふかふかのネコバスがいます。中に入れるのは小学生までで、よじ登ったりイスに座ったり、たくさんのマックロクロスケを捕まえたり、みんな活き活きした表情で遊んでいました。

 

美術館には、カフェレストランと、その奥にはジュースやソフトクリームスタンドもあり、テラスでちょっと一息できます。オリジナルビールも軽めなので、休憩にはちょうどいい感じでした。

 

ただ、行こう!と思った時にすぐに行けないのが難点・・・。
チケットは日時指定の予約制、入場時間は10時、12時、14時、16時の1日4回で、毎月10日に翌月分のチケット販売となっています。(そのかわり、混んでいて見られないということはないので、ゆっくり楽しめます。)特に土日分は販売開始とともにすぐにいっぱいになってしまうので、チケットをとるのも大変。チケットのキャンセルや日時変更はできないので、予定日近くはこどもたちの健康管理にとても気を遣いました。今年の夏休みシーズン7,8月分は、この一般販売の10日より前にチケットを先行抽選販売するそうですので、夏休みに企画をされる方は美術館のホームページをご覧になってみてくださいね。

 

建物の中も外も、いろいろなところに、いろいろな発見があって、こどももおとなも楽しいところです。深い愛情を感じられる、緑豊かで趣のある心地よい美術館でした。