片手鍋でごはんを炊く方法

17泊のシアトル滞在、ホテルの簡易キッチンでごはんを炊いています。コンロは2口の電熱ヒーターです。

 

朝食用のコーヒーカップがメジャーになっていたので、それを使ってお米を計量しています。家族4人で1回に2カップ炊いています。

 

ボウルもないので、ホテルにあった片手鍋(ごくごく普通のステンレスのお鍋です)を使ってお米をといだら、お米と同体積の水を入れて30分程おきます。

 

1,蓋をしてまずは中火で沸騰させます。お鍋の蓋がカタカタ動いてきたら沸騰の合図です。
2,沸騰したら弱火にして約5分
3,再び中火で蓋を外して少し水分をとばします。
4,火を止めて蓋をして10分程蒸らします。

炊き上がりまで約20分、炊飯器よりもはやく炊けるんですね。最初に強火で沸騰させると、ごはんがなべ底にこびりついてしまいかなりのお米を無駄にしてしまったので、中火に抑えて沸騰させるようにしてみました。そうするとお鍋の底にごはんがこびりついてしまうこともなくなり、上手にごはんが炊けました!

 

ちなみにアメリカではお米は2kgか5kgくらいのサイズで売られていて、2kgで約$6でした。意外にも種類がいろいろあります。今回の滞在ではお米は2kgを2袋買い、パスタや外食も織りまぜながらほぼ使い切れそうな感じです。短期滞在では、保存のためにもジップ付きの袋に入っているお米を買うことをオススメします。