30cmものさし入れの袋の作り方

小学校で使う30cmものさし入れの袋を用意しました。机の脇にもかけられるようにしています。ボタンをマジックテープにしたり、ループを紐やバイアステープにしたり、使う生地も少ないので、手持ちの材料でいろいろアレンジしてみてくださいね。

 

【出来上がりサイズ】
幅4cm、高さ30cm

【用意するもの】
表側、ループ用生地
内側生地
ボタン 1個

 

ruler case 1

【作り方】

1. 表側生地Aの上部を1cmの三つ折りにし、ミシンで縫います。

ruler case 2

 

2. 内側生地と、表側生地Aを重ねて、生地端から5mm程度内側を縫い、仮り止めします。

ruler case 3

 

3. 持ち手、ボタンかけループ用の生地をそれぞれ4つ折りにして、合わせた生地端から2〜3mm内側を縫います。

ruler case 4

 

4. 表側生地Bにボタン用ループ、フック用ループを配置して、生地端から5mm程度内側を縫い、仮止めします。(ループの長さはボタンのサイズによって調整してください)

ruler case 5

 

5.表側生地Aと表側生地Bを中表に合わせ、まち針で止め、生地端から1cm内側を縫います。このとき、返し口を6cm程度作っておきます。

ruler case 6

 

6. 角4箇所の縫い代を切り落とします。

ruler case 7

 

7. 返し口より表に返し、アイロンで形を整えます。返し口の縫い代もアイロンで1cm内側に折りまち針で止め、生地端から2〜3mm内側をぐるりと1週ミシンで縫います。フック用のループがあるためミシンをくぐり抜けることができません・・・(作りながら気付きました・・・)フック用ループの前後どちらかで一度縫い終えて、くぐらせてから続きを縫うことになります。

ruler case 8

 

8. ボタンを付けて、完成です。

ruler case 9

 

生地の合わせ方を一度失敗してしまい・・・試行錯誤しながらでしたが、何とか1日で仕上がりました。数年後にまた作る日がくるだろうと、備忘録代わりの作り方UPです。