母の日のカーネーションをいつまでも残しておきたいから・・・押し花のしおりをつくりました

母親になって10年目の今年の母の日。
長女が毎日水やりのお手伝いをして貯めたお金で、カーネーションをプレゼントしてくれました。
母の日に、初めてもらうカーネーション。
こんな嬉しいことはない、っていうくらい・・・お花を見るだけで涙がこみあげてきます。

 

彼女の気持ちもお花もいつまでも大事にしておきたいから、
子どもたちと一緒に押し花にしてしおりを作ることにしました。
押し花は初めてなので、まずは押し花キットを買ってくるところから、です。
キットには、押し板、乾燥シート、フラワーシート、ウレタン、ベルト、保存袋、ピンセットが入っています。
乾燥シートはレンジで戻せるので、繰り返し使えます。

カーネーションは茎やがくに厚みがあるので、カッターで半分に切ります。
半分に折ったフラワーシート片側の上に花びら、茎・がくを重ならないように並べてから、
フラワーシートのもう片側を折り重ねて、花をとじてはさみます。
押し板/乾燥シート/ウレタン/花を挟んだフラワーシート/乾燥シート/ウレタン/花を挟んだフラワーシート/乾燥シート/押し板
の順に重ねて、ベルトで止めてから、チャック付きの保存袋に入れます。
この保存袋の上から、本などで2〜3kgの圧力をかけて、4〜5日置いたら押し花のできあがりです。

 

作品に仕上げるところは、押し花しおりセットを使いました。
できあがった花びらをカーネーションの花の形に台紙に並べて、アイロンフィルムを当てたらしおりの完成、
両面それぞれに赤とピンクのカーネーションを配置して、リボンも通して、素敵なしおりにしてくれました。
これなら、ずーーっと、残しておけます!嬉しい!

 

次女が母の日にくれた手紙も、ぐっとくるものがあって。
なぜかノートの切れっ端だけど(笑)

 

そばにいるだけで、ありがとう、って言ってくれる。
さらに、これでもかっていうくらいの、たくさんのハート。
子どもは私にとってかけがえのない存在で、時にとても大事なことに気付かせてくれて、私の心を支えてくれます。

 

私からも、心から「ありがとう」。
これからもこの気持ちを大事にしていきたいと思います。