想い出の詰まったランドセルを、お財布やキーケースにリメイクして残してみませんか?

昨年末頃から、こんまりさんの「片付け祭り」を始めています。
じわじわと段階が進んで、先週から小物に突入しました。
そして、見つけてしまったのが、物置にしまっていた娘のランドセル。
捨てるには忍びないんですよね。
せっかくキレイに使ってくれていたので、これを機にリメイクしてみることにしました。

 
最近はランドセルリメイクをしてくれる工房がいろいろありますね。
工房によって、ひとつのランドセルからできる品物の数や種類も様々です。
ランドセルのどのパーツを使うかも、工房次第。
数ある中から探すのにも一苦労…でも私の性格上、妥協はしません!笑
延々と日々サイト訪問して、最後は娘と相談して決めました。

 

Askal カバン工房さんにお願いしました。

長女は長財布、私はキーケースが欲しかったので(母にも想い出として分けてもらいました)、
肩ベルトキーホルダーとコードホルダーがついた4点セットにしました。
全部で13800円です。

オンラインで注文を入れると、着払い伝票と梱包用の防水袋が届きます。
あとは、申込用紙を記入して同封、工場へ送ったらひたすら待つのみ。
この期間もワクワクして楽しいんですよね。

 

お財布は、ランドセルカバーのメインの飾りを使ってくれていました。
大好きだった側面の飾り部分もキーホルダーにおまけで仕上げてくださって、大感激です。
写真には載せていませんが、名前の刺繍部分もキーホルダーにして残してくださり、
工房の方々のそのお気持ちに、本当に嬉しくなりました。

 

繁忙期には仕上がりまで約6〜9ヶ月かかるようですが、
今回依頼をしたのが12月だったこともあり、仕上がりは約2ヶ月でした。
まだ眠っているランドセルがある方、卒業式シーズン前の今がチャンスかもしれません。

ボロボロだったキーケースを早速新しいものに交換しました。
出かけるたびに、たとえそれがごみ捨てに行く時だって、
使うたびに何だか嬉しい気持ちになります。
想い出を違う形で繋いでいける、って素敵ですね。
このようなサービスがあること、そして、工房の方々にも感謝!
数年後の次女のランドセルを何にして残そうかと、今から次を狙っている私です。

ランドセルリメイク、これはかなりおすすめです。