小学生のマチ付き手提げ袋の作り方

小学生も週明けと週末は、体操袋や上履きで手荷物もいっぱい。手提げ袋を毎日のように持っていくので痛みも早く、新学期に向けてそろそろ新しいものを?と思っていたら、使いやすいものが売っていないので作って!とリクエストが・・・。
市販の手提げ袋を数年に渡っていろいろ使ってみた結果、子どもからのオーダーは、雨に濡れても大丈夫なこと、荷物がいっぱい入ること、手持ちも肩掛けもできること、の3点。そこで、ラミネート生地を一緒に選んで、マチ付きの手提げ袋を作りました。
新学期に向けて、あるいは来春の新入生に。直線縫いだけでできる手提げ袋の作り方をご紹介します。

 

【出来上がりサイズ】
幅42cm、高さ30cm (マチ部10cm)

【用意するもの】
表側生地、持ち手用生地・・・110cm幅×50cm
内側、内ポケット用生地・・・110cm幅×50cm

 

【作り方】

1.内ポケットの生地を中表に半分に折り、返し口7cmを残して、縫い代1cmのところをミシンで縫います。

 

2.内ポケットを返し口から表に返し、返し口の縫い代を中へ折り込んで、アイロンで整えます。内側用生地に内ポケットを縫い付けます。

 

3. 内側用生地を中表に合わせ、脇と底を縫い代1cmでミシン縫いします。

 

4. 内側用生地のマチを縫い、三角部分を切り落とします。

 

5. 表側用生地も同様に、脇と底を縫ってからマチを縫い、三角部分を切り落とします。

 

6. 持ち手を作ります。中表に折り、0.5cmのところをミシンで縫います。表に返してから、端ミシンをかけます。

 

7. 持ち手の中央部分を半分に折り、両端8cmを残して、ミシン縫いします。

 

8. 表側用生地に持ち手をミシンで仮止めします。

 

9. 表側と内側の袋を外表に合わせて、袋口(縫い代3cm)を中へ折り込み、ミシンステッチをかけます。

 

もちろん、生地はラミネートでなくても大丈夫です。是非お子さんの好きな柄を一緒に選んで、お気に入りの手提げ袋を作ってあげてくださいね。