シアトルの晴れた日を楽しむには

私たちがこちらに来てからもしばらく雨の日が続いています。でも、一日中ずっと降っているのではなくて小降りの雨がふったりやんだり。時折陽が射すこともあり、雨が降ってもすぐに止んでしまうので、ほとんどの人は傘をささずにフード付きのパーカーなどで雨をしのいでいます。

 

晴れた日には、久しぶりの好天を存分に楽しむべき!とアドバイスを受け、レンタカーを借りて景色を見に半日ドライブをしてきました。高速に乗ってワシントン湖にかかるフローティングブリッジを渡ります。湖が深くて杭を打てないため橋が浮いているのですが、車で通過する分には揺れもあまり感じないので、浮き橋といっても想像がつきません。

 

そのまま高速でワシントン湖をぐるっと一周しながら、緑の景色と遠くに見える雪山を楽しみます。そして、ツインピークスのロケ地で有名なスノコルミー滝へ。

壮大な滝を眺めてから温かい飲み物で一息ついて、帰路につきました。高速が無料、というのも嬉しいですね。美しい景色を楽しむドライブ、最高です。

 

シアトルは緑がいっぱいで、とても素敵なところです。でも、住むなら冬も体験してから決めた方がいい、と言われました。この緑と陽射しの気持ち良さが一転、冷たい雨が降り続いて寂しい感じになるんですって。けれど、こちらで出会った中学生の女の子は、晴れた日は景色が綺麗で気持ちがいいし、蚊はいなくて快適だし、冬は雨で家にこもることになるけどその分いっぱい勉強できるし、何よりアメリカは世界が広がって楽しい!と両手を広げて話してくれました。彼女の楽しそうな表情を見ると、自分の娘たちの将来についてもいろいろ考えてしまいます。今回の旅行はその答えを探すための第一歩でもあります…