コロナ禍でもこれならできる!子ども会の夏企画2・ナスとミニトマトの収穫体験

マンションのガーデニングクラブの方々が、今年小さな畑で育てているのが、ミニトマトとナス。
毎日のように畑のお世話をされている方に声をかけていただき、
子どもたちに収穫させてもらえることになりました。

 

コロナ対策で密を避けるために、畑に行く人数を5名までに絞ることにしました。
待っている子どもたちには、花壇のマリーゴールドとサルビアを使ったミニブーケ作りの用意を。

 

事前準備は、
ブーケ作りのためのリボンやセロハン、ワックスペーパーを一人分にカットしておくこと、くらい。
輪ゴム、ハサミ、セロテープ、ホチキス、ビニル手袋、ビニル袋、
テーブルに敷くブルーシートを当日用意したらおしまい!
とても身軽な(負担の少ない)イベントです。

 

当日は小雨が降ったり止んだり、というあいにくのお天気でしたが、
朝早くから、親子連れや、お友だちを誘い合って、たくさんの子どもたちがイベントに参加してくれました。
赤く熟したミニトマトを厳選する子どもたち。
ビニル袋いっぱいの実を、とびっきりの笑顔で見せにきてくれました。

 

ミニブーケ作りは、黄色いマリーゴールドとサルビアを花壇から切り取ってきて、
下の方の葉を落としてテーブルに並べておきました。
各々束にして、根元を輪ゴムで止めて、セロハンやワックスペーパーで包み、
好きな色のリボンを選んで出来上がり、です。

例年ならこの時期にこんなイベント、というマニュアルに沿った子ども会のやり方は、
コロナによって大きく変わることになりました。
でも逆に、いろいろな住民の方々とも交流できるようなイベントができたり、
様々な体験に繋がるイベントだったり、新しいことが増えたのも事実です。
初めてのケースが多くて準備する側も毎回頭を使いますが、
楽しみながら役員のみなさんとチャレンジしています。