イラストを活用した小学生向けキャリア教育

小学生の頃の将来の夢、覚えていますか?

 

小学生の頃、私は絵を描くのが好きでした。
絵を描く仕事=漫画家、と思いついたところで、
物語を創作することが苦手だった私は、漫画家はなれそうにない・・・とすぐに将来の夢から除外。
同級生のお父さんが画家であることを知り、
絵を描く仕事=画家、も想像してみましたが、
その同級生の描く繊細な水彩画に、私の好きな絵の方向性と何か違う・・・と感じて、これまた除外。
今思うと、本当に視野が狭いというか、諦めが早いというか・・・。
将来の夢は置き去りにされたまま時は過ぎて、高校2年の終わり、進路を考える時になって始めて「将来」とか自分の適性と向き合うことになるのでした。
その後は建築の道に進んだので、デッサンやパースを描いたりする機会もあったから、「絵を描く」ことはつながっていったのかな。
今は子育てとイラストを結びつけてのfatettoがあります。

 

先日、イラストを教育に活かした授業があることを知り、
ある小学校の6年生の授業で行われたキャリア教育を見学させていただきました。

 

1時間目から4時間目まで、午前中めいいっぱい使っての授業ですが、子どもたちの集中力は途切れることなく、常に真剣そのものです。
イラストの描き方を学びながら、色を加えながら、ワークシートを使って自己表現をしていく中で、
将来の自分をイメージして、その実現のためにこれからどう生きるのかを考える、
とにかく自分と向き合い、自分に問いかけ、答えを導く・・・
大人でもすぐに答えるのは難しいかな、という質問にも取り組む子どもたち。
その問いは、これからもきっと大きな力になってくれるだろうな、と感じるものでした。

 

事前に、自分が感動した物語(本、絵本、映画など)をピックアップするという宿題が出されていて、まずはその物語を題材に授業が進みます。
ワークシートにあるいくつかの質問に答えていくと・・・
その登場人物のどんなところに、また、その物語のストーリーになぜ心打たれたのか?
じっくり考え、答えることで、あることが見えてくることに気付きます。

 

続いて、10年後の自分をイメージし、
価値観を問い、自分がどうありたいか、それを実現するためにこれから何をしたらいいかを考える。
それも、なるべくすぐに始められるような、小さなこと、具体的なことから。

 

このキャリア教育の授業見学を終えての帰り道、私は改めて自分を振り返っていました。
母からはいつも、「女性でも一人で生きていく力をつけるように」と言われていて、次の一言は「とにかく手に職をつけろ」でした。
手に職を=資格を取る、ととらえてしまった私は、会社から資格手当が支給されることもあって、建築関連の様々な資格を取り続けました。
でも会社を辞めた今、それらの資格とは全く無縁の仕事をしています。
資格とか、職業という枠組とか、知識やスキルとか、そういうものではなくて、
生きていく力とは、自分が大切にしている想いをどうやってかたちにしていくか、それによって誰かのために何ができるか、
そこから湧き出てくるエネルギーではないかと、起業して気付いた私です。
そしてそれは、これからの時代、私たちとは全く違う環境の中を生きていく子どもたちにも、きっと必要な力。

 

是非、多くの学校でこのキャリア教育が取り入れられますように。
きっと、子どもたちの一日一日が、もっともっと大切な一日に変わる、そんな気がします。
今回の授業を紹介してくださり、見学を許可してくださった(それも当日朝5時過ぎのメッセージのやりとりからの突然のお願いにもかかわらず!)校長先生のお力添えをいただきながら、まずは娘の通う小学校の校長先生に早速、授業のご提案とお願いをしたところです。
そして、担任の先生からの「前向きに検討します、と。」のご回答。う〜ん、、、実現させたいです!