大人もハマる! アメリカの女の子に大人気、カラーゴムで作るアクセサリー

春先にシアトルへ行って知人のお嬢さんに教わった「レインボールーム」。見ただけでわくわくしちゃうような、小さなカラーゴムはとてもカラフルで、それをかぎ針で編むようにアクセサリーを作るのですが、これがとても楽しくて大人でも夢中になってしまうのです。対象年齢は8歳〜になっていますが、5歳の娘も教わってすぐにひとりで作れるようになり、どこへでも持ち歩いては黙々と作っていって、今でもたくさんのブレスレットを作り上げています。

 

セットの中には、フックと、ゴムと留め具、ピンのついた専用のプラスチックキット、簡単な説明書が入っています。黄色いフックだけでも作れますが、この専用のキットを使うと、作品の幅がぐんと広がります。
現地で買ったテキストを参考に、キットに順番にゴムをかけてから、フックを引っかけながら抜いていくと・・・虹色のブレスレットのできあがり!小さい頃に流行ったリリアンを懐かしみながら、ほんの数時間、ママも女の子の時間。一度予習をしておいたので、この後娘に教えたら、彼女も数日がかりでしたがおそろいのブレスレットを作ることができました。

最近ではいろいろな方が作り方をサイトやYouTubeにUPしているので、まだまだいろいろ楽しめそうです。

 

最初と最後をつなぎ合わせる(留める)、透明のフックがもうちょっとかわいかったらもっと素敵になるのにな、と思いますが・・・娘と一緒に作ったり、つけたりして楽しんでいます。みなさんもお子さんと一緒にいかがですか?