初めてのスクラップブッキング

シアトルのクラフトショップでかわいいシールや紙を見つけて、スクラップブッキングにいいかも?といくつか買ってきたのですが・・・。「スクラップブッキング」って言葉は聞いたことがあるし、本やショップで何となく見た事もあるけど、やったことがないので、実は何をどうしていいのかよく分からない私・・・。そこで、体験教室を探して行ってきました!

 

用意したものはL版の写真を5〜6枚、はさみ、テープ糊です。紙をまっすぐ切るためのペーパートリマーやボンド、3Dテープ、パンチなどは先生にお借りしました。あらかじめ用意されていたペーパーやフレーム、カードを切って、使う写真を決めて、位置決めして、ペタペタ貼っていく・・・今回は1.5インチの丸パンチで抜いた8枚でお花を作るという初心者には高度な作業付き。2時間半のレッスンは黙々と手を動かしているうちにあっという間に過ぎていきました。

 

カードの中のメッセージをうまく取り込んで貼ったり、もちろん想い出のコメントを書くスペースも入れたり、ベースの紙と同系色のたね重ねて貼ると目立たないフレームを黒のインクパッドでわざとフチを汚してみるとか、3Dテープで立体にしたり、いろんな表現ができるんですね。3人で写っている写真などもわざと小さく分けて切ってフレームに入れてみたり、いまいちな構図の写真も必要なところだけを切り取ってフレームに入れて貼るだけでアルバムがぐんと面白いものになります。これがスクラップブッキングの魅力かな、と思いました。テーマを決めて紙のカラーや柄を選んでいくのも楽しいです。

 

写真はパソコンに取り込んだまま、たまっていくばかりでしたがこうして現像して形にするのもいいものですね。誕生日や七五三、遠足、旅行、運動会など、テーマを決めてまとめるとこどもとの想い出も楽しく振り返ることができそうです。

 

私がシアトルで見つけたシールは、立体でカラフルでリアル!スクラップブッキングはもちろん、カード作りにも使えそうな感じです。こちらでご紹介(販売)しております。是非ご覧ください。