プリーツ網戸の糸切れは修理できないらしい・・・ロール網戸に交換してより快適に。

先日、ベランダのテラスドア内側についているプリーツ網戸(アコーディオン網戸?ジャバラ網戸?)の糸が経年劣化のため切れました。
数年前にも糸が切れてしまい、枠の仕様が変わったとかで網戸部分を総入れ替えしたばかりです。
糸だけ換えれば直せそうなのに…と思うのだけど、DIYで自力で直している方のブログを見る限り、
網の上下部分だけでなく、枠の中を複雑に糸が通っているらしく、私には修理は到底無理そうな感じでかなり諦めモード。
メーカーさんに問い合わせると、修理はできないので網戸部分を交換するしかなく、4〜5万かかる、しかも納期は1ヶ月、という話。

数年後にまた同じ事が起こるのもなぁ・・・

という、なんとも気の進まない、納得いかない感。

 
プリーツ網戸の交換について検索していたら、ロール網戸に交換できる、という情報を目にして、いろいろ調べてみたところ、
プリーツ網戸は風の強い日に網が煽られると上下に隙間ができるので、家の中にゴミが入ってしまったり、折り目の部分にほこりがたまって掃除しにくかったり・・・
それに比べて、ロール網戸はフラットで糸もなく、隙間もなく、掃除も操作性も良さそうです。

 
業者の方に現調にきていただき、取り付けをお願いしてから約1週間で、設置工事となりました。
網戸をしまう部分が幅6cmほどあるので、ドアの上部にあるドアクローザーがあたらないかどうか注意が必要で、
これがクリアできれば、プリーツ網戸からロール網戸に交換できるみたいです。

セイキというメーカーのロール網戸を入れてもらいました。
網戸の引き方向は左右選べて、しまう方向も上下タイプと左右タイプと種類があります。
糸切れの心配がなく、耐久性、操作性もよくて、掃除しやすい、
お値段もプリーツ網戸の網戸交換とほぼ同額、、、ならロール網戸を選びますよね?
というわけで、改善できてよかった、今回の網戸交換。

 

でも網戸がキレイになりすぎて、うっかりすると網戸が無いように見えてしまう・・・
(網戸に気付かず激突したら、外れて倒れて一発アウト)
ベランダの出入りを別のところに変えたりしながら、ちょっとずつ改善、進化しているわが家です。