パーソナルカラー診断と骨格診断を受けてみたら、服選びの視点に変化が!

今年のゴールデンウィークは10連休と長かったこともあり、思いきってクローゼットを整理しました。
在宅ワークのフリーランスになってライフスタイルも随分変わり、
子どもにもそれほど手がかからなくなり(この10年くらいは、抱っことか、追いかけっこ最優先の服&靴選びだった・・・)
これからは、ファッションも自由に! いこうと、手持ちの服を全て見直しました。
かれこれ20年以上前の服もあれば、数年前の服なのに全く着ていない服もあり、
片っ端から着てみて違うと感じたものはクローゼットから次々に除外する作業・・・ほぼ1日ががりの量です。

 

作業を進めるうちに、手持ちの服の色にあまりバリエーションがないことに気付きました。
あるのは、白、紺、黒、ベージュ、カーキ、ダークグリーン、濃赤くらい?
パステルカラーとかの華やかなかわいい感じの色はゼロ(笑)
整理しながら次第に、これはなぜだ?これでいいのか? という疑問が・・・

 

その答えは、先日パーソナルカラー診断と骨格診断を受けてみて、そうか!となりました。
パーソナルカラー診断は、春夏秋冬の4種類に分類されたカラーイメージの中から、
自分に一番調和するカラーグループを見つける作業です。
腕の静脈が緑がかって見えるので私の肌はイエローベースだそうですが、
他にも、目の黒目と白目の境(輪郭の見え方)とか、瞳孔の見え方、髪の色・量をチェックしてもらい、
幾種類ものカラードレープを顔下に当てて、肌写りを見ながら、
肌がくすんで見えず、顔色がキレイに見える色の多いカラーグループを見つけていきます。
ちなみに私は秋、深みのある暖かな色のグループ。
ブラウン系、オレンジ、カーキ、紺等が相性良く、クローゼットの中の服の色、案外間違っていなかったみたい・・・。
ちなみに、秋タイプはアクセサリーならシルバーよりもマットのゴールド、という診断でした。

 

骨格診断は、鎖骨や手の甲、太もも、バスト・ヒップの横からのライン、等々を見ながら、3タイプに分類され、
グラマラスでもなく、華奢でもなく、骨がしっかりしているというナチュラルタイプだった私。
カジュアルな服が似合うそうです。
ああ、確かに、ボディラインの出るような服とか、ふわふわ・フリフリの服とか全く持ってないし、
自分の好みのスタイルと一緒でホッとした感じ・・・。

 

診断後、メイクの色を選んでいき、アイシャドーもリップカラーもかなり差替えることになりました。
また、オータムカラーの小さな生地サンプルもいただきました。
もちろん、自身がオータムのグループだからといって、そのグループカラー全部が似合うわけではないけれど、
特におすすめの色にチェックを入れてもらったので
これからは服を買う時に生地サンプルを持っていってみて、お店で色を比べてみよう!と思っています。
今まで見向きもしなかった、オレンジとかアプリコットとか芥子色とかも似合うと知って、
これからは色から服を探すクセがつきそうです。
今までとは違って目指すラインや全体像が決まったことで、
ショッピングの際もあまり迷わずにすむから(価格のことでは悩むとしても・・・)心強い!

 

これで今後は着なくなってしまう服がなくなって、
自分らしい服、着ていてワクワクするような服を毎日選べたら幸せだな、と思います。
なかなか自分を客観的に判断しにくいところもあるので、プロの診断を一度受けてみるのも面白いですよ!