バルミューダのオーブンレンジに買い替えて1週間。ひと通りの機能を使ってみました。

先日、20年近く使ったオーブンレンジを買い替えました。子どもたちがダイヤルをクルクル回して遊んでしまったのでダイヤル設定がちょっと不安定になっていたり、スタートボタンのプラスチックが劣化してヒビ割れしてしまったり・・・と数年前から徐々に傷み始めていた我が家のオーブンレンジ。でも、なかなかいいデザインがなくて買い替える気になれずそのまま使っていたのですが、バルミューダのオーブンレンジを偶然ネットで見つけて、そのシンプルなデザインに、オッ!。
発売前なのでホームページの情報を頼りに、早速、検討開始。食器棚のスペースから置けるオーブンレンジの機種は限られてくるのですが、機能満載の他社品よりも倍は高い・・・。都内で実物を見られると知り、実際に触らせてもらったり眺めたり、ちょっと悩んだりもしたけれど、購入を決めました。

 

使い始めて1週間とちょっと。
オート、マニュアル設定、飲み物のあたため、冷凍ごはんのあたため、解凍、オーブン。ひと通りの機能を使ってみました。十分満足です。20年も前のものと比べても・・・かもしれませんが、ターンテーブルもなくなって庫内が広くなったし、庫内の下部はガラスで掃除しやすいし、今まで使っていた機能で足りないものもなく(フライのあたためとか、オートメニューとか、ほとんど使ったことなかったし)、操作も簡単。

 

とにかく、デザインも機能も、シンプルで気持ちがいい!だから、取扱説明書も分厚くなくて、シンプル。よくある料理レシピもついてないけど、全く問題ナシ!使った後にしばらくファンが回っている音がして、最初は故障か?と思ったけど、そうではないと知り、今はほとんど気にならなくなりました。

 

照明がつくとか、ギターやドラムの音とか、それらは特に購入の決め手ではなかったけど、子どもたちは楽しそうに中をのぞきながら、レンジの前でリズムに合わせて踊っています。そんな姿を見ると、電子音よりよかったかな、と。終わると「ENJOY」のメッセージが出ることが、何だか私は嬉しくて、このオーブンレンジとスグに仲良くなれた気がします。

 

クリスマスには、ラザニアを焼こうと思って、大きなポーリッシュポタリーのオーブン皿も追加しました。料理のスタイルを変えることができたのも、新しいオーブンレンジのおかげ。子どもたちはお菓子作りに興味津々、この冬はみんなでアップルパイを上手く焼けるようになりたいな、と思っています。