ものごとの捉え方は自分次第。光の当て方によってできる光と影、どちらを選択するか。

この話をするとみんな、笑うか、信じないかのどちらかなのですが…
私、30歳過ぎまで身長が伸びていました。

一人目の産休直前にあった会社での健康診断、
それまでコンスタントに毎年0.1〜0.3mmずつ伸びていて、
(それは単に誤差じゃないかと言われるけど、マイナスになったことはないのです)
最後の測定は171.4cm。
これが私の身長の最高記録。

小さい頃から背は高い方で、背の順はいつもほぼ最後方。
女子は小学3年生頃にぐんと背が伸びるので、その頃だけ背の順がクラスの真ん中辺りになりましたが
その後も毎年毎年少しずつ伸びる私はやっぱり周りから「大きい」「デカイ」と言われることが多くて、
それがずっとずっと嫌でした。
背が高くて目立ったから、バスケ部やバレー部からの勧誘も多かったし、
なるべく低く見せたくて、猫背でいることも多かったのが小中学生の頃。
高校指定の制服のブラウスには私のサイズがなくて(まず袖丈が足りなくて)
入学式当日から違反ブラウスでした。

 

大学生になった時、和裁のできる祖母が浴衣を縫ってくれることになりました。
一反から一着を作る浴衣。
一反の長さは決まっているから、浴衣のできるサイズにも限界があります。
背が高いとおはしょりが出ないから着こなしがかっこ悪い、と母にもさんざんけなされて…
背が高いって本当損だな、とか思いながら浴衣生地を探しに行った時のことです。
山吹色のユリの柄が目に留まって、直感で、「コレだ!」と生地を眺めていたら、
店員さんがそばにきて声をかけてくれました。

「大きな絵柄は背の高い方しか着こなせないですからね、
 お客様のような方には特におすすめですよ」

 

この瞬間です。

「背が高い」からこそできる。

そう思えたこの時、
私の背が高いことに対するネガティブイメージは
一瞬にしてポジティブなイメージに切り替わりました。

 

女なのに背が高い、
と言われ続けて、ずっと嫌な気持ちを抱えていましたが、
それは私の「背が高いのは悪いこと、変なこと」という思い込みでしかなかったのです。
(そこには、女は(男よりも)背が低くあるべきだ、みたいな
 別の問題も含んでいるのですが。それはまた別の機会に書くとして。)

なんだ!
背が高いからこそ「いいこと」もいっぱいあるんじゃないか!

そう思えた時の、気持ちが楽になったことといったら、もう。
出来事はひとつであって、それに対しての光の当て方(どう捉えるか)次第なんですね。
良いとか悪いとかの一側面だけではなくて、実はいろんな見方ができる、
このことに気付いてからは、デカイと言われても嫌な気持ちになることもなくなりました。
むしろ背の高い自分を好きになって、チャレンジしてみようという気持ちになって、
ファッションを楽しめるように…どんどん変わっていきました。
ちょっとした発想の転換ができれば、きっと楽しいと思えることも増える!

今までマイナスだと感じていたことも、
実はそれがあったおかげで自分が成長できた。
そこに気付くと、目の前の世界がどんどん開けていくように思います。

 

昨夏の終わり100歳目前で他界した祖母。
大きな私のための精一杯の工夫…だと思うのですが、
縫い代ギリギリの手縫いの縫い目ひとつひとつを見ては、
この物事の捉え方の転換を教えてくれてありがとう、と
祖母と浴衣と、そしてあの時の店員さんに感謝しています。

コロナが落ち着いて、夏祭りや花火大会の賑わいが戻ってきたら、
またこの浴衣を着て出かけたいな、と思います。