裏地付き、巾着口のトートバッグの作り方

最近ミシンに興味を持った娘に直線縫いをお任せして、この3連休に一緒に作ったこどものお出かけ用トートバッグ。
B5サイズのノートが入る大きさで、中身が落ちないように巾着の口付、裏地付きにして内ポケットを付けました。

 

【出来上がりサイズ】
幅33cm、高さ20cm (マチ部8cm)

【用意するもの】

  • 表側生地(底で折り返すため、柄に方向性のないものを選んでください)
  • 内側、巾着口、ポケット用生地
  • 接着芯
  • 持ち手用綿テープ  2.5cm幅を80cm程度
  • 口ひも 150cm程度
  • 丸カン 2個

 

【作り方】

1. 内ポケットの上部を1cmの三つ折りにし、ミシンで縫います。

 

2. 内ポケットの両サイド、下部のぬいしろ分を折り、内側生地にまち針で止めて縫いつけます。

 
3. 表布の裏側に接着芯を貼り、持ち手2本を表側生地の上下に中表に合わせて、ミシンで仮止めします。
今回は、持ち手のひもは35cmでカットしました。使う方の身長や、持ち方(肩掛けor手持ち)によって、取付け位置や長さを調整してください。

 
4. 表側生地と口布を中表に合わせて、1cmのところをミシンで縫います。(2箇所)

 
5. 口布を外表に返して、表側生地2箇所に押さえミシンをかけます。

 
6. 口布と内側生地を中表に合わせて、3cmのところをミシンで縫います。(2箇所)

 
7. 上記6で縫ったところの縫い代をアイロンで割って、生地を中表に半分に折り、縫い代1cmのところで周囲を縫います。その際、口布部分はひも通しのため1.5cmあけ、内側生地の底部分は生地を返すため8cm程度あけます。

 
8. 縫い代をアイロンで割り、ひも通し口(4箇所)に接着芯を貼ります。

 
9. 表側生地、内側生地の底にマチ(8cm)を縫います。

 
マチの余分なところはカットします。

 
10. 返し口から表に返します。

 
11. ひも通しの部分を上端から1.5cmで縫います。

 
12. 内側生地の底の返し口を手縫いで閉じて、ひもを通したら完成です!

 

生地選びやアップリケも自分で選んだこどもたち。なかなかの出来栄えに嬉しそう。
これからの桜の季節にもぴったりな、お出かけバッグができました。

 

サイズ違いを作成される方へ、生地サイズの計算方法を追記します。

●表側生地幅、内側用生地幅、巾着口用生地幅=出来上がり幅 + 縫い代(2cm)

●表側生地高さ=【出来上がり高さ + マチ幅の1/2 + 縫い代(1cm)】× 2

●内側用生地高さ=出来上がり高さ + 口布の出来上がり高さ + マチ幅の1/2 + 縫い代(4cm)

●巾着口用生地高さ=口布の出来上がり高さ + 縫い代(4cm)

となっています。
いろいろな用途に使えるバッグなので、是非いろいろ作ってみてくださいね!