開業届を提出、個人事業主になりました。fatetto始まります。

昨年末、二人目の妊娠を機に会社を退職、フリーランスになりました。健康保険から国民健康保険へ、厚生年金から国民年金へと変更、そして、いよいよ開業届の手続きです。開業してから1ヶ月以内に申請、とあるので、元旦を開業日に設定して書類を用意し、年明け間もなく管轄の税務署へ向かいました。

 

提出する書類は、「個人事業の開廃等届出書」「所得税の青色申告承認申請書」、小売業を予定しているので「所得税の棚卸資産の評価方法・減価償却資産の評価方法の届出書」の3種類です。

 

ところが税務署に着いて、私は用紙を各一部ずつしか用意していかなかったため、控え用にその場でもう一枚、同じものを記入することに・・・。寒~い中を歩いて行ったので手はかじかんだまま、受付の方がじっと見ている前でペンをプルプルさせながら何とか書き終え、無事ハンコをもらって提出しました。

 

その日の晩、帰宅した主人がその控え用紙を見て一言、「ねぇ、屋号のスペルが間違ってるみたいだけど、大丈夫?」。

 

・・・!!

 

やってしまったぁー。手元を見られている緊張と、寒さでいうことをきかない右手に苦戦し、細かく波打った文字は、「fatetto」のハズが「fatteto」に。あ~。でもまぁ、間違えた方が自分の控えでよかった、と思うことに・・・

 

そして後日、県税事務所へ「個人事業開始申告書」を提出して、全ての手続きは終了です。

 

会社を辞めた解放感と、個人事業主になった緊張感。「事業始めます!」という開業の宣言をするというよりは、「今度から自分で確定申告します」という税金の手続きをする、そんな感じで・・・個人事業主になったというこちらの意気込みはどこへ向かうともなく、何ともあっけなく、ゆる〜い始まりとなりましたが、これから楽しく、fatetto、始めます!