どうなる?ヤマトのメール便廃止、のその後

「信書」の扱いの問題で3月末廃止が発表された、クロネコヤマトのメール便。オンラインショップを運営する側にとって、その後の動向がとても気になります。

 

メール便に代わる4月以降の新しい「DM便」というサービスが、2月23日にホームページに発表されました。クロネコヤマトと契約を結んだ法人・個人事業主が対象で、セールスドライバーの集荷もしくは営業所での取扱いのみとなり、今後はコンビニエンスストアでは出せなくなるようですね。気になるお値段は「上限164円」の記載のみで、別途個別にお見積りとなるようです。

 

詳細については最寄りの担当店へお問い合わせください、とあるので、早速電話をかけて聞いてみました。
「まだ発表されたばかりで詳細まではこちらも分からないので・・・」
電話の窓口の女性も困った様子。担当のドライバーから一度連絡させます、ということで、セールスドライバーさんからすぐに折り返しのお電話をいただきました。でもやはり、
「まだ詳細が全く分からないんです・・・」
契約だけでも事前にしておいた方がいいか相談してみましたが、サービスの値段もまだ決まっていないので、それを見てから検討された方がいいかもしれません、という回答。

 

結局のところ、まだ何も動けない状況です。お客様への荷物の追跡番号通知はできれば続けたいサービスですが、メール便の他に同価格で同サービスを提供できるものがないので困った状況です。送料を上げてでも追跡番号のサービスを続けるべきか、価格はそのままで追跡番号無しで郵便で送るべきか・・・。クロネコヤマトさんの今後の発表を待って、また検討したいと思います。そもそもの「信書」問題、解決してくれないかな。