こどもの食事用エプロン、試作中です(1)

保育園で毎日使う、食事用のエプロン。お昼とおやつ、1日に2枚のエプロンを使っています。使用後は先生方が軽くゆすいでくださり、おてふきタオルとともにクルクル巻かれてビニール袋に入って半日経過、お迎えから帰宅してすぐに洗濯機に入れて干しても、半年も使っているといつの間にかポケットの辺りに現れる黒カビ・・・一度ついたらもう落ちない黒カビ・・・みなさん、そんな経験ありませんか?

 

かれこれ6年近く、我が家もいろいろな食事用エプロンを使ってきました。ラミネート生地のものやポリエチレン、ウェットスーツの素材でできたもの、生地を裏返してポケットを作るものや、スナップで留めてポケットを作るもの、etc…。でも、今まで使ってきたエプロンで、黒カビの出なかったものはひとつもありません。唯一、スナップでポケットを作るタイプのポリエチレン素材のものだけは、ほんの少ししか黒カビがつかなかったのですが、これはゴワゴワしていてゴム臭くて、こどもには評判が良くないのです。

 

そこで、ラミネート生地を使って、スナップでポケットを作るタイプのエプロンを作ってみることにしました。
パターンを考え、スナップの位置を試行錯誤しながら、ようやく試作品が完成です。

袖はないけれど、肩(腕?)をぐるりとバイアステープがまわるので、前かがみになってもエプロンが身体に密着します。使い終わった後は、ポケットを戻して、汚れた面を内側にくるくる巻けば、こんな感じにまとめられます。

ラミネートはツヤあり、ツヤなしの2種類、裏当ての布は、同じラミネート生地と、綿の2種類で試すことにしました。バイアステープも、綿、フリース、ナイロンを用意。これでしばらく娘に使ってもらって様子をみようと思います。気の長〜い実験ですが、かわいくて、使いやすくて、かびにくいエプロンを作れたらいいなぁ。

 

・・・と思っていたら。

 

使って1日目で首のホック部分が切れて破壊(涙)。しかも、折れ曲がったところのシワが白くなって無残な姿に。

生地選びも慎重にしないといけないんですね。エプロンが完成するまで時間がかかりそうですが、またここでご報告したいと思います!